2020年新型iPad購入レビュー 購入初日編

ガジェット紹介

コロナの影響、止まることを知らないですね。
暗いニュースが続いてますが、こういう時こそ日々の暮らしの中に楽しみを見つけることが重要だと感じています。

一緒にガジェットライフを楽しみながら鋭気を養いましょう!

ということで、今回は先日発売されたばかりの新型iPad Pro11インチ(第2世代)の開封初日レビューを書いていきます。

そのコンピューターはコンピューターの先を行く… 2020年iPad Pro

2020年3月18の夜11時ごろ、みんなが寝静まり出したその時、急にiPad Proが発表されました。いや、ほんとに急にサラっと公式HPで発表されたので気づかなかった人も多かったはず。
僕はたまたま見ていたTwitterで知り、すぐにポチりました。

僕は4年の間、初代iPad Proを使用していて、今回が2台目のiPadとなります。
去年ごろからデザインや動画編集のソフトを使うようになり、機能性の面でストレスを感じることが出てきてました。
本当は2018年モデルのiPad Proに買い換えたくて買い換えたくて震えてたんですが、時期的に今年新型が出ると見越して、なんとか我慢して待っていました。

からの今回の発表だったので、それはもうめちゃくちゃテンション上がりました。一人で「おーキタキタ!!」とかテンション高めの独り言つぶやきながら普段飲まないアサヒスーパードライをコンビニで買ってきて祝福してました笑

前置きが長くなってしまいましたが、僕にとっては4年越しのiPad Pro買い替えということで、11インチiPad Pro開封したてホッカホカのレビューをしていきたいと思います。初代iPad使っている人には、参考になると思いますので是非読んでみてください。

見た目やサイズ感(9.7インチと11インチの比較)

新型iPad Proの見た目は、カメラ以外2018年モデルと全く一緒です。
9.7インチ初代iPad Proに比べると、画面幅が縦横7mmくらい大きく、本体重量は約30g重くなっています。写真で比較するとこんな感じです。

ひとまわり大きいので、持ち運びや重量に不安を抱く人もいるかもしれませんが、実際に持ってみると大きさの違いは全く気になりません。
本体が大きくなって重心が分散された分、むしろ体感の重量は11インチの方が軽く感じます。
なので9.7インチから買い替えた場合の本体の大きさの違いによるデメリットはあまりないと思います。(ただ、人によって使っているバックは様々だと思いますので、バックに入るかどうかは念の為確認しておいた方がいいです。)

続いて、画面について。
11インチという画面は数字で聞いたイメージ以上の大きさのインパクトがあります。
そもそも9.7インチと11インチと聞いて、パッと大きさの違いってイメージできますか?僕は全然イメージできないです。
そこで、どうにかわかりやすい伝え方ができないかと思い、大きさ比率を計算して簡単な表を作ってみました。

9.7インチiPad11インチiPadサイズ UPの比率
画面の面積246㎠332㎠約1.35倍(35%UP)
本体の面積408㎠439㎠約1.08倍( 8 %UP)

表をみてもらうとわかりますが、本体サイズの比率と画面のサイズ比率は全く違うことがわかります。
画面サイズはなんと

35%UP!!

画面サイズがこれだけ変わると、見やすさや迫力だけはなく、操作性やApple Pencilの使いやすさにも影響してきます。

画面の大きさの違いだけとっても、買い替えをして正解でした。

操作性や処理性能について

11インチiPad Proを触ってみてもう一つ感動したのが、ProMotionテクノロジーによる120Hzの高リフレッシュレート(1秒間に120枚の画像で映像表現)の画面動作。

いわゆる、

ヌルヌル動く

と言われる画面です。
9.7インチiPad Proだと60Hzのリフレッシュレートだったので、2倍の滑らかさになっていることになります。

気持ちよすぎて、エンドレス画面スクロールしていたいほどです。

さらに、リフレッシュレートが上がることでApple Pencilの応答速度も上がるので、書き心地がさらに良くなります。

そして処理性能についてですが、体感でも明らかに違いがわかります。
まず、アプリの切り替え時やブラウジングの際のカクツキなどは一切ありません。重い処理をするデザイン系のソフトや動画編集ソフトも使ってみましたが明らかに動きが軽くなっていて、作業効率がアップしました。

一番嬉しかったのが、Sidecar。
SidecarはmacのサブディスプレイとしてiPadを使用することができる、iPad の機能の一つです。僕はこれをよく使用しています。
9.7インチiPad Proの時は、途切れたりフリーズしたりしていたので、ストレスを感じながら使用してました。
それが、11インチiPad Proになると…

途切れない!!フリーズしない!!カクつかない!!
快適!!

やっぱり今までSidecarがうまく機能していなかったのは処理性能の問題だったんだなとわかりました。

処理性能などについては、別途YouTubeやブログでレビューをあげる予定ですので、楽しみにしておいてください。

買いかどうか

おそらくこのブログを見ている人は、買い替え検討している方が多いと思いますので、ここが一番気になる部分ではないでしょうか。
再度に買いかどうかについて触れていきたいと思います。
僕の個人的な主観も入りますので、参考までに読んでいただければ嬉しいです。

結論から申し上げると、以下の2つの条件で判断した方がいいです。

1つ目

2018年モデルiPad Proを使っている人は見送った方が良い。

2つ目

上記以外のiPadを持っていて、今使用しているiPadの機能性にストレスを感じている人

が結論となります。

1つ目に関しては、2018年モデルと今回のモデルでは性能差がほぼないこと、画面においては全く同じであることが理由です。
また、今年の秋にさらに新型iPad Proが発表されるという噂があります。
あくまで噂ですが、このような噂が流れている状況と性能差があまりないことを考えると、見送っておく方が賢明な気がします。

2つ目に関して重要な部分は、今のiPadでストレスを感じているのかどうかということです。ただ性能が上がるなら買ってみようかなという理由だけでは、実際に使ってみたときにあまり違いが感じられずガッカリすることもあるでしょう。

例えば、YouTubeや映画を見るだけの使い方をしている場合などは、画面サイズ以外にそこまで現状との違いを感じる場面は少ないと思います。

もっと具体的にいうと、使用しているアプリの中で画面がカクついたりすることがあったり、反応が遅れていることがストレスになっている場合などは、おそらく明らかな改善を体感できます。動画編集や画像編集をする方は買い替えを強くお勧めします。

僕は買って正解でした

さて今回11インチiPad Proの開封レビューを書いてみましたが、いかがだったでしょうか。
僕の場合は、上記の2点を満たしていたので、買い替えをしてとても快適になりました。5月にはマジックキーボードの発売も控えており、さらなる楽しみも待ってます。
これからiPadがどのような進化を続けていくのかが非常に楽しみです。

これからも実際に使用しながら感じたことや、僕が便利だなと思う使い方などを紹介していきますので、これからも読んでいただけると嬉しいです。
YouTubeの方もよろしければ、ご覧ください!



皆さん、楽しく快適なiPadライフを一緒に送りましょう!

ではまた!

0

コメント