iPadのキーボードどれがいい?iPadで失敗しないキーボード選び。

ガジェット紹介

どうもこんにちは、自称iPadコーディネーターのShotaroです。
先日Appleから新しいiPad専用キーボード【Magic Keyboard】が発売されましたね。世間も盛り上がっているようです。

僕も、発表時点で絶対に買おうと思ってたんですが、買うのやめました。

なぜなら、

最強のキーボードに出会ったから!!

今使用して1ヶ月になるんですが、もっと早く買えばよかったと思いました。
iPad純正のものより安くて、信頼性もある使い勝手の良いキーボードです。
キーボード選びにお困りのあなたに早速オススメポイントなどを絡めてご紹介していきます。

この記事を読めば、もうキーボード選びに無駄な時間を費やすことはなくなることでしょう。

結論。“Magic Keyboard2”これ、マジでオススメです。

そうです。僕がiPadにお勧めするキーボード、それは“Magic Keyboard2”です。ご存知の方もいるかもしれませんが、これは元々Appleが販売していたApple純正のワイヤレスタイプのキーボードです。
Magic Keyboard2にはテンキー付きとテンキー無しがあるんですが、僕がお勧めするのは、携帯性を重視したテンキーなしのタイプです。

そんな悩みを払拭するべく、ここからはMagic Keyboard2をお勧めする理由を4つに分けて紹介していきます。是非参考にしてみてください。

①携帯性バツグン

Magic Keyboard2は、とにかく薄くて軽いんです。重量は231g。大きさは27.9×11.49。わかりやすいようにiPad Pro11インチを並べてみました。

ちなみに11インチiPad専用のMagic Keyboardの重さが593gですので、2分の1以下の重量です。
iPad専用のMagic Keyboardはカバー+トラックパッドの要素もあるので単純に重さの比較はできないですが、僕が使っているケース+Magic Keyboard2+マウスで541gなので、同じように使用する場合を考えて約50グラムの差があると考えることができると思います。

トラックパッドについてですが、iPad専用Magic Keyboardのトラックパッドって小さいですよね。Macbookを使用している方ならわかると思いますが、トラックパッドってある程度大きくないと使いづらいんです。なので、僕はマウスの方が操作性はいいと思ってます。

②優れた機能性

使い勝手も非常に良いです。
例えばペアリングについては、Apple純正の製品なだけあってBluetooth一覧からタップするだけ。また、充電の持ちが異常に良くて、Apple公式では約1ヶ月持つと記載されています。僕も毎日約1ヶ月使っていますが、充電したかどうか覚えてないです…。でも問題なく使えてます。

肝心の打ち心地ですが、シザー構造のキーボードで適度な沈み込みと反発があり、打ち心地はかなりいいと思います。Macのバタフライキーボードを使用している方は、最初に若干の違和感はあるかもしれませんが、すぐになれますし、むしろバタフライキーボードが使いづらく感じると思います。
打鍵音も静かで、カフェなどで使っていても全く気にならないレベルです。

そして、これがかなりオススメのポイントなのですが、

Magic Keyboard2はiPad以外にも繋いで使うことができるんです!

まぁ、当たり前のことを言ってるんですが…
でもよく考えてみてください。

iPad専用のキーボードは、あくまでiPad専用。iPad以外では使用できないんです。これって刺さる人にとってはかなり刺さるポイントだと思います。
例えばMacbookとか家で使ってるPC用にも使えるし、iPadでも使えるっていうのは、結果的にキーボードを一つにまとめることができるので、かなり身軽になります。物はなるべく少ない方がいいですよね。
もちろん有線接続でも使用できるので、無線接続に抵抗がある方にもオススメです。
僕はこのポイントが一番使い勝手がいいポイントだなと思っています。

③シンプルで無駄のないデザイン

Appleならではのシンプルで洗練されたデザイン。カフェで使ってたりなんかすると、間違いなく映えます。そのままインスタに投稿するもよし、Magic Keyboardを使っている自分に浸るも良しです。そして裏面にはお馴染みのアップルロゴが入っています。

キーボード自体には小さな電源ボタンもついてて、控えめな電源ボタンが個人的には好みです。

④コスパ最高

Magic Keyboard2のお値段は約1万円です。いうまでもなくiPadの純正キーボード達と比べてお手頃価格となっています。

キーボードに1万円!?いや、もっと安いのあるでしょ!

って思った方。ここもよく考えてみてください。
Appleの製品って基本的に値下がりしにくい傾向にあります。その証拠にメルカリの中古で売られているMagic Keyboard2を見てみると、約7000〜9000円で取引されています。

つまり1万円で買っても、使わなくなったり買い替え時に7000円で売れれば、実質3000円で使用できていたことになるわけです。これはアップル製品全般でよく言われている話です。
時期やモデルによって値段は変動するので一概には言えないですが、でもそこらへんの安いキーボードに比べれば、財産となる可能性が圧倒的に高いです。

iPadを4年間使用してきた僕が使って思うこと

iPadってすごく直感的で使いやすい端末ではあるんですが、文字入力となった場合にタッチ操作では限界があります。そんな時に重宝するのがキーボードなのです。
実際にこのブログの記事もMagic Keyboard2を使用してiPadで作成しましたが、PCとなんら変わらず作業できました。
むしろMacBookのキーボードより打ちやすくて、快適でした。

繰り返しますが、携帯性・機能性・デザイン・コスパ全てにおいて満足のいくキーボード。iPad、PCの作業の切り替えをスムーズにしたい。そんなわがままを全て叶えてくれるキーボードです。

あなたのキーボード選びの悩みが、これで解決できたら幸いです!

ということで、最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後もiPadに関する情報や、その他ガジェット情報をアップしていきますので、これからも僕の記事を読んでいただけると嬉しいです。

それでは、良きiPadライフを〜!

【以下のコンテンツもチェックしてみてね!】

YouTubeでは、ガジェット情報やVlog配信をやってます。

uimaru
このチャンネルでは日常Vlogや、お気に入りの商品紹介などをでアップしていきます。 どうぞごゆっくりご覧ください(^-^)

Instagramでは一眼レフ(a7iii)で撮影した、カフェや日常写真をアップしています。

@shotaro.matsu0311 is on Instagram • 34 people follow their account
34 Followers, 32 Following, 49 Posts - See Instagram photos and videos from 松本 翔太郎 --Shotaro Matsumoto-- (@shotaro.matsu0311)

Twitterでは、ブログ更新を含めた上記のお知らせをいち早くキャッチできます。

0

コメント